ADHDはサプリで緩和するって本当?

近年、お子さまのADHDが注目を集めています。コドミンはADHDの症状を緩和する効果が期待できるサプリです。

 

なぜサプリメントに、症状を緩和する働きがあるのでしょうか。

 

→コドミンの効果について詳しくはこちら

 

ADHDってどんな病気?

ADHDとは注意欠陥・多動性障害とも呼ばれます。特徴として不注意、多動性、衝動性という3つの症状があらわれます。

 

集中力が続かないお子さまやじっとしていられないお子さまは、多動性障害を患っている可能性があります。しかし、多動性障害は子どもに特有の疾患ではありません。

 

大人になってから発覚するケースがあるんです。多動性障害の明確な原因はまだ解明されていません。

 

しかし、遺伝的な要因や環境の要因など、さまざまな要素が関係していると考えられています。子どもに落ち着きがなかったり、かんしゃくを起こしたりするのは、自分の育て方に問題があるのではないか・・・。

 

そんな悩みを抱えている親御さんも多いでしょう。しかし、多動性障害はしつけや育て方が悪いせいで発症するわけではありません。もしも多動性障害の疑いがあると思ったら、しかるべき医療機関で診断を受けてみましょう。

 

とはいえ、治療のためにお子さまに薬を飲ませるのは心配・・・という親御さんも多いですよね。そんな時に役立つのがコドミンです。

どうしてADHDに効果的なの?

コドミンには、ADHDに特有の症状を緩和させる効果が期待できます。その理由は、含まれる成分にあるんです。

 

コドミンには、ホルファチジルセリンという成分が配合されています。ホルファチジルセリンとは大豆に含まれる成分で、脳細胞への情報伝達を助ける効果が期待できます。

 

情報伝達がスムースになると、集中力や反射能力が向上します。すると、じっとしていられないお子さまや、注意力が散漫になりやすいお子さまでも、勉強やスポーツに集中しやすくなるんです。

 

ただし、ホルファチジルセリンは大豆の中に0.003%しか含まれない貴重な物質です。脳の働きを改善するためには、1日あたり100mg〜300mgのホスファチジルセリンを摂取する実用があります。

 

ホルファチジルセリンは食事からも摂取できますが、1日の必要量を摂取するには、毎日3.3kgの大豆を食べなくてはいけません。コドミンには1粒で100mgのホスファチジルセリンが含まれています。

 

サプリメントなら、毎日でも無理なく摂取できますね。

 

→コドミンの効果や成分についてもっと詳しく

効果を実感した方の体験談

実際にADHDのお子さまに、コドミンを飲ませている方の感想を見てみましょう。

 

うちの子はかんしゃくを起こしやすく、幼稚園の先生からも毎日のように注意を受けていました。私から叱ってもらちがあかず、思いきって病院に連れて行ったところ、ADHDの診断を受けました。

 

しかし、診断を受けた後も子どもの様子は変わらず、夫やお姑さんからは私のしつけが悪いせいだと言われ、気がつけばうつのような状態になっていました。

 

そんな時に、同じくADHDのお子さんを持つママのブログで紹介されていたのが、こちらのサプリです。少しでも症状が緩和されればと思い購入しましたが、最初のうちはあまり効果がありませんでした。

 

定期便で購入したこともあり、しばらくは続けてみるつもりでしたが、3カ月経ったころから少しずつかんしゃくを起こすことが減ってきました。

 

私自身も子どもを叱る必要がなくなり、以前よりストレスが軽くなりました。今では私も子どもも穏やかに過ごしています。

 

コドミンの体験談は公式サイトでも公開されています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

→コドミンの公式サイトはこちら